生活

埼玉縣信用金庫の年末年始(2020-2021)窓口とATMの混雑回避方法!

こんにちは!昌(あき)です!

 

埼玉県内の信用金庫で最も規模の大きいのが埼玉縣信用金庫です。

 

埼玉県内全域に計96支店を持ち、県民なら一度はその看板を目にしたこともあるのではないでしょうか。

 

特に、これから迎える年末にかけて、ATMで予めお金を下ろしたり、普段いけない窓口に用事を済ませようと考えている方も多いと思います。

 

しかし、ここでこんな悩みが浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

年末はATMがすごく混むけど、並ぶ列が少ない時間帯ってあるのかな?

 

コロナが怖いから少しでも窓口が混雑していない時間を知りたいけど、どうやって調べればいいの?

 

ただでさえ忙しい年末年始であるにもかかわらず、コロナにも気を配らなければならないのは大変ですよね。

 

それでも、普段仕事で金融機関に行けない方にとっては、この年末年始を逃すと用事が済ませられない場合もありますから、やむなく外出せざるを得ないことでしょう。

 

こんなお悩みを解決すべく、今回の記事では、昔銀行に9年間勤めて年末年始の混雑を体感してきた私が、埼玉県内最大の信用金庫・埼玉縣信用金庫の年末年始(2020~2021)の窓口とATMの混雑予想を具体的な根拠も交えてご紹介しております!

 

迅速に、かつ密を避けて行動し用事を済ませたい方は是非参考にしてみて下さい!!

 

埼玉縣信用金庫の年末年始の窓口混雑回避方法

 

埼玉縣信用金庫の年末年始の窓口で混雑が緩和されると予想される日時はこちらです。

 

混雑緩和予測

2020年12月29日(火) 9時~10時
2021年1月6日(水)     9時~10時 13時~14時

 

 

では、次にこの2つの日時だと混雑が回避できる可能性が高い根拠をご説明します。

 

まず、金融機関には特定の繁忙日が存在します。

・月初

・五十日(ごとうび)・・・5の倍数にあたる日付のこと

・月末

・月曜日

・金曜日

 

この繁忙日に当てはめて考えてみると、12月28日は年末の月曜日となりますので、普段の月曜日よりも混雑が予想出来ます。

 

四半期にあたる3月、6月、9月、12月の月末は特に忙しい為、信用金庫の年内最後の営業日である12月30日(水)に窓口へ行くのはオススメ出来ません。

 

その為、12月29日(火)に窓口の開店時間である9時から10時の間を狙っていくと、窓口がガラガラ・・・とまでは行かなくとも、比較的スムーズに手続きが出来ると予想します。

 

そして、年始の1月6日(水)も、月初と五十日が終了している為、窓口での用事を済ませるには最適な日となるでしょう。

 

また、13時から14時の間は、会社の昼休みを狙って来店された方がお帰りになっている時間帯なので、上記の繁忙日でなければ尚窓口が空いている可能性が高いと予想します。

 

埼玉縣信用金庫の年末年始のATM混雑回避方法

 

埼玉縣信用金庫の年末年始の窓口で混雑が緩和されると予想される日時はこちらです。

 

混雑緩和予測

2020年12月29日(火) 9時~10時 13時~14時 
2021年1月6日(水)     9時~10時 13時~14時 

 

実は、窓口の混雑予測とほぼ同じとなります。

 

次に、この2つの日時だと混雑が回避できる可能性が高い根拠をご説明します。

 

まず前提として、ATMで用事を済ませる方の多くは

 

別に窓口に頼るほどの用事ではないんだよな
忙しいから早くお金だけ下ろして帰りたいわ

 

こういった理由でATMを利用される方が圧倒的に多いです。

 

そして、先の項目で申し上げた繁忙日が、ATMの混雑と深く関わって来ます。

 

では、ここでもう一度金融機関の繁忙日を見てみましょう。

・月初

・五十日(ごとうび)・・・5の倍数にあたる日付のこと

・月末

・月曜日

・金曜日

 

特に、五十日(ごとうび)・月初・月末はATMが大変混雑します。

 

その理由として、五十日(ごとうび)は年金受給日(偶数月の15日)や給与振り込みで現金を引き出す方が多く集まります。

 

月初は生活保護の受給日として多くの自治体で設定されており、また、月末は締め日の企業が多い為、ATMが混雑しやすいのです。

(年末年始だと1月の生活保護受給日が年内12月に前倒しとなるケースが多いですが、その代わり正月休みでも営業し金融機関での手続きを溜め込んだ企業が年明けに殺到しますので、やはり月初は大変混み合います。)

 

しかも、ATMは一旦混雑すると、お店の外まで長蛇の列が出来る事も珍しくありません。

 

これらの条件を当てはめてみると、まず12月30日(水)にATMを利用するのがいかにリスキーであるかが分かりますね。

 

その為、12月29日(火)の朝一である9時から10時の間を狙うか、会社の昼休みが終わって混雑が一旦落ち着いた13時から14時の間を狙うのがオススメです。

 

そして、1月6日(水)の9時から10時の間、13時から14時の間を狙うのが良い理由も、初と五十日が終了している為、特にこの時間帯なら用事がすぐに済ませられると予想します。

 

 

あくまでも私の経験則に則った混雑予測となっております。ご利用になられる支店の規模が大きかったり、天気が良い日には混雑予測とは異なり終日混雑する可能性も十分にあり得ますのでご了承ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

予め混雑が予想される日時を把握しておけば、忙しい年末年始の予定を立てやすいかと思います。

 

また、コロナで神経質になっている世の中ですので、窓口が混雑していたり、ATMに並ぶことになっても、ソーシャルディスタンスと咳エチケットを忘れずに行い、健康的に新年を迎えられるようにしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!