スポーツ

森本貴幸が逮捕!子供や嫁はどうなる?気になる飲酒量と今後は?

パラグアイのサッカーチーム・スポルティボ・ルケーニョに移籍した元日本代表FW森本貴幸選手が、飲酒運転とひき逃げの容疑で逮捕されました。

 

どうしても気になってしまうのは、森本貴幸選手のお子さんと奥様の今後や、どのくらいの飲酒量だったのか、森本貴幸選手は今後どうなってしまうのか、の3点です。早速これらの疑問を調査してみました。

森本貴幸の子供や嫁はどうなる?

 

森本貴幸選手は2019年9月に1歳年上の奥様とご結婚されており、現在娘さんと息子さんのお父さんでいらっしゃるそうです。(川崎フロンターレのプロフィール参照)

 

奥様は元なでしこの選手でもあり、森本貴幸選手とは幼馴染という間柄だったそうです。奥様はたびたび美人妻としてネットで話題になりますが、顔写真などは確認出来ませんでした。

 

ご家族揃ってパラグアイに同行しているのかまでは分かりませんが、森本貴幸選手が飲酒運転に加えてひき逃げで逮捕されてしまったので、パラグアイにいても日本にいても、当分は世間から白い目で見られてしまう可能性は少なくないでしょう。

 

お子様にとってはサッカー選手でかっこいいお父さんが、いきなり逮捕されてしまった訳ですから、そのショックは計り知れないものでしょう。

 

また、今後の裁判でどのような判決が下るのかはパラグアイの法律が分からないので何とも言えませんが、当然被害者に対する賠償義務の発生や懲役刑といった罰則も課されるのは間違いありません。

 

お子さんも奥様も、今後は金銭面でも精神面でも大変な負担を強いられてしまうでしょう。

 

家族に法的な責任がない場合、賠償金の支払いや刑事罰による償いは不要です。

そうはいっても、被害者に対して謝罪が必要になるケースや、世間から厳しい目を向けられ、肩身の狭い思いをすることもあるでしょう。交通事故が大々的に報道された場合には、嫌がらせを受ける可能性もあります。

小さな交通事故の場合には加害者本人にも家族にもほとんど影響がありませんが、被害者に後遺障害が残るケースや死亡死亡してしまったケースでは、加害者家族も無縁ではいられません。

(交通事故弁護士相談Cafe)

 

飲酒運転は多くの人に多大な迷惑をかけてしまう行為です!しない・させないを徹底しましょう!

森本貴幸の飲酒量について

 

森本はパラグアイの首都アスンシオンで車を運転中にバイクと激突。バイクの運転手を救助せずにその場を離れたもよう。警察が森本を発見して逮捕。呼気から0・41ミリグラムのアルコールが検出された。バイクの運転手の命に別条はないという。

(Yahoo!ニュース)

 

森本貴幸選手は事故後の検査で呼気から0・41ミリグラムのアルコールが検出されたそうです。

 

これがどの程度の飲酒量に匹敵するのか、アサヒ飲料のHPに記載されている情報を元に調べてみました。

 

まず、飲酒運転に相当する呼気アルコール濃度は0.15ミリグラムなので、森本貴幸選手の呼気からは基準値の2倍以上の数値が検出されたことになります。

 

道路交通法において、酒気帯び運転の基準値となる呼気中アルコール濃度は0.15mg/L。血中アルコール濃度に換算すると、0.3mg/mL(0.03%)に当たります。これは、純アルコール20g(ビール中びん1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯)を飲んだときの血中アルコール濃度0.2mg/mL(0.02%)~0.4mg/mL(0.04%)に相当します。

(Asahi)

 

また、人間の運転技能に影響を及ぼす呼気のアルコール濃度ですが、0.25ミリグラムで運転に関する全ての規則を守る事が難しくなるほどの飲酒量だそうです。

 

こちらの調査結果はあくまで日本の基準に基づいたものになるので、現在森本貴幸選手がお住まいのパラグアイの基準はどのようになっているのかまでは分かりません。しかし、0・41ミリグラムのアルコールが検出された時点で逮捕されてしまったので、パラグアイでの飲酒運転の基準をも超えていたことは確かです。

 

酒は飲んでも飲まれるな。肝に銘じておかないといけませんね。

森本貴幸の気になる今後について

パラグアイ1部スポルティボ・ルケーニョは2日、元日本代表FW森本貴幸(32)の入団を発表した。公式ツイッターには「ようこそ」というメッセージも掲載された。

(日刊スポーツ)

 

森本貴幸選手がパラグアイのスポルティボ・ルケーニョに移籍したのは2021年2月とかなり最近の出来事です。

 

それまで森本貴幸選手は度重なるケガやプレッシャーに悩まされてきた経緯があり、順風満帆のキャリアではありませんでした。心機一転、パラグアイでの活躍を見込まれた矢先のこの事件。森本貴幸選手がスポルティボ・ルケーニョから契約を解除されてもおかしくはありません。

 

先程お伝えした飲酒運転の基準値のお話の中で、森本貴幸選手の飲酒量は(日本の基準の)2倍以上だったとお伝えしました。加えてひき逃げで被害者を出してしまっていますから、チームとの契約続行はかなり難しいと思います。

 

森本貴幸選手にはしっかりと反省をしていただきたいですね。

 

まとめ

 

今回の記事では、サッカー森本貴幸選手の飲酒運転に関して、ご家族の今後や飲酒量の調査、森本貴幸選手の今後について追って見ましたがいかがだったでしょうか?

 

飲酒運転は他人事ではありません。沢山の方に迷惑をかける行為なので、絶対にしないぞ!という強い気持ちで毎日を送りましょう。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

トップに戻る