芸能

鈴木もぐら(空気階段)の子供の名前は?嫁との別居や借金について

人気お笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらさんが第二子誕生を報告しました。おめでとうございます!!

 

鈴木もぐらさんといえば

ギャンブルで借金が700万ある

第一子とは生まれてから10回としか会ってない

という衝撃的な私生活を送っており、巷では『クズ芸人』とまで呼ばれています。

 

そんな鈴木もぐらさんのご家族とクズエピソードに迫ってみました!

 

鈴木もぐらの子供の名前は?

 

鈴木もぐらさんは2018年に第一子(長男)が誕生しております。

 

第一子のお名前はどうやら『たつまる』君と仰るそうです。漢字は公表されていないですが、可愛らしい響きのお名前ですね。

 

2021年に産まれた第二子はまだ名前に関する情報は出ておりませんが、第一子の名前を番組で公表したように、今後どこかで発表する可能性もありますね。新たな情報が入り次第ご報告します!!

 

また、第二子のお誕生日ですが、鈴木もぐらさんがラジオで誕生を発表した日がお誕生日のようです。

 お笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが、29日深夜放送のTBSラジオ『空気階段の踊り場』(毎週月曜 深0:00)に出演。第2子が誕生したことを報告した。

番組本編が終了した後、もぐらが電話越しに出演し「ラジオをお聞きの皆様、改めまして鈴木もぐらです。今みなさんにお聞きいただいた放送は3月27日に収録をしたものなんですけども、今、急きょですね、3月29日、月曜日、夜8時に大阪・千日前通りから電話で収録しています。本日、3月29日(午前)10時2分に無事に私の第2子が誕生しましたので、皆様にご報告をさせていただきます」と伝えた。

(Yahoo!ニュース)

 

鈴木もぐらさん、本当におめでとうございます!!

 

鈴木もぐらさんのお子さんの情報をまとめるとこうなります。

鈴木もぐら 子供の情報

第一子 名前:『たつまる』くん 誕生日:不明(2018年6月時点で妊娠7ヶ月)

第二子 名前:不明 誕生日:2021年3月29日

 

鈴木もぐらは嫁とまだ別居中?

 

鈴木もぐらは18年に結婚し、長男が誕生したにもかかわらず、生まれてから約1年、息子に10回しか会っていないとのこと。さらには現在、ギャンブルによって700万円の借金がある上、妻子は実家の北海道で暮らしており、別居中だ。

(マイナビニュース)

 

鈴木もぐらさんは結婚前からの借金を返済しないまま新婚生活に突入し、その後も生活態度を変える事が出来ず別居する事態に陥りました。

 

第二子が産まれた鈴木もぐらさんですが、今だにお嫁さんは実家のある北海道にいらっしゃるのでしょうか。

 

調べてみたところ、2020年に入ってから別居は解消され、現在はお嫁さんと第一子のたつまる君と一緒に暮らしているそうです。良かったですね!!

 

ようやく家族一緒に過ごせる鈴木もぐらさんの幸せエピソードも発見しました!

―ラジオで公開プロポーズをし、晴れて結婚をしたかたまりさん。どんなときに実感しますか?

かたまり:家で奥さんがおならをしたときですかね。ぼくが寝ていて聞かれていないと思ったのか、1回おならをしたことがあって。ぼくは全然気にしないので、「おい」って冗談でつっこんでから、したいときはする感じになったんです。気を使わないでいてくれたのだなと、気持ちがすごい楽になりましたね。

(Fika)

 

『家族』が出来た幸せがいっぱい詰まった素敵なコメントですね!!

 

鈴木もぐらの借金はどうなった?

 

お金を借りた人の名前が書かれたメモを持っている、という鈴木もぐらさん。膨れ上がった700万の借金は一体どうなったのでしょうか。

 

どうやら、鈴木もぐらさんは『クズ芸人』の汚名を返上するかの如く真面目に借金返済に取り組んでいるそうです!!

 もぐらといえば、遅刻を繰り返し、奥さんと子供がいるにもかかわらず、ギャンブルで多額の借金をつくった“クズ芸人”として知られている。しかし「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のどっきり企画では、真摯な姿勢が評価されてアルコール飲料「檸檬堂」(コカ・コーラ)のCMを勝ち取り、デニス・植野行雄からの借金を返済するなど、このところイメージが変わる行動をしている。

(Yahoo!ニュース)

 

第一子が産まれても尚生活態度が変わらなかった鈴木もぐらさんも遂にパパの自覚が芽生えたのかもしれませんね!!

 

この調子で借金完済してもっと素敵なパパになって欲しいですね!!

 

まとめ

 

今回の記事ではお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらさんのご家族やクズエピソードに迫ってみました。

 

もうお嫁さんに別居されないように頑張って下さい!!

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

トップに戻る